山梨エリアのカーリース|株式会社ヤマニオートリース

レクサスをリースでおすすめする理由


レクサス

 

山梨エリアのカーリース 中古車販売査定買取り ヤマニオートリースです。

 

先日新車リースのご利用を頂きました。車種はレクサスのUX。

 

レクサスのSUVといえば都会的でスタイリッシュな外観が魅力ですよね。

UXはレクサスのSUVの中ではコンパクトなモデルです。

 

レクサスと言えば国産車の中でも高級車の部類に入り、会社の社長車としての利用も多いです。

 

憧れのブランドとしてレクサスに乗りたいと思っている方も多くいるのでは?

 

レクサスはブランド価値が高くどのモデルも人気車種なので、

購入してから数年経っても価値が高いままです。

 

実は、年式が経過しても価値が高い車はリースに向いているんです。

 

高級車だけあって価格も一流!新車は簡単に手が出せるものではありませんが、

 

乗り換えを検討中の方にとってはリースって何がいいの?と

一度はリースに興味を持ったこともあるのではないでしょうか?

 

 

 

レクサスがリースに向いている理由

レクサスUX

 

 

まず、リースの特性上

 

車の価値が高いまま(人気車種) = リース料から引く分も高い

 

となります。

 

「価格が高い車ほどリース料も高い」と思いがちですよね。

 

確かに新車価格が高いほどリース料も高くなりますが、レクサスと他の車のリース料金を比べた時に、レクサスよりも新車価格が安い車と同じぐらいのリース料金になる場合があります。 

 

例えば、、

 

新車価格200万円の車が、3年後は80万円だとすると 

200万円-80万円=120万円がリース料(車両代)となります。

 

新車価格300万円の車が、3年後は180万円だとすると

300万円―180万円=120万円がリース料(車両代)となります。

※3年リースの場合。月々のリース料金は120万円÷36か月です。(これに税金などプラスします)

 

このように、

 

新車価格に差があっても、リース終了時の車の価格(残存価格)によっては

月々のリース料が同額になります。

 

リースといえども高級車はその分リース料も高い、ということでもなく、

 

残価率が高い人気車種ほど、意外にもその他の車種とリース料が変わらないということが起きるのです

 

リース料がそれほど変わらないのなら、レクサスのような人気車種を選んだほうがリースの利点を得られるというわけです。

 

車は「人気」によって価値が変動する資産です。そんな背景から人気車種ほどリース向き、といえるのですね。

 

 

こちらの記事にも詳しくまとめています。

リースは、人気車種ほどお得に乗れるのはなんで?

 

 

レクサスを社長車にするなら、会社へのメリットも創る乗り方で!

レクサス

 

法人ではレクサスを社長車として利用するケースが多いですが、

リースにすると会社にとってのメリットを創ることができます。

 

どうせ乗るのなら会社にもメリットがあったらうれしいですよね!

 

購入とリースで検討されていたら参考にしてみてください。

 

 

購入した場合とリースの違い

会議

 

総額を一番安く抑えられるのは一括購入です。

できるだけ安く抑えたい場合には一括購入をおすすめします。

 

しかし総額を安く抑えられても法人の場合にはデメリットになる場合もあるので、一度比較・検討してみるといいですね。

 

会社の車を『 購入 』した場合

 

 

 ✓ 減価償却が必要になる

 ✓ 一度に大きな資金が減る

 ✓ 車の維持管理業務が増える

 

 

ということが不随してきます。一つづつみていきましょう。

 

 

 

総額を安く抑えられる一括購入 ⇒ 減価償却に注意!

ぶどう畑

 

法人で車を購入すると、車両価格の経費を6年(新車の場合)かけて分割計上していきます

 

つまり購入したその年に全額を経費計上することができず、6年間かけて毎年計上していくので、会計処理が複雑になります。

 

台数を保有しているほどそうなりますよね。

 

★リースは全額経費計上できるので、減価償却が不要で会計処理が簡単に!

 

その年の純粋な経費の数字を把握することにもつながります。

 

 

~節税にもなる??~

 

購入すると減価償却によって経費を分割計上しなければなりませんが、

リースの場合は全額計上できることから、節税効果を期待できるといえます。

黒字で利益に余裕がある時ほど、活用したいですね。

 

 

 

 

購入時の多額の出費、資金に余裕があれば一括購入もあり!            でも温存したいときは・・・

レクサス

 

車の購入時は多額の出費となります。資金に余裕があれば一括購入もありでしょう。

 

しかし融資枠を圧迫せず、できれば手元の資金を温存しつつ有効活用していきたい場合には、

 

頭金不要、リース開始から終了まで月々固定額のリースはメリットが多いのです。

 

 

 

クルマの維持管理業務の負担、手放したらどう変わる?

男性

 

購入すると自動車税の納税、車検手配、保険加入、メンテナンスなどの事務・管理業務が不随してきます。台数を保有しているほど業務負担も大きくなります。

 

しかしリースならこれらの業務は所有者であるリース会社が行います。

(車検、メンテナンスはプランによって)

 

★何かあればとりあえずリース会社に電話で相談、社用車関係の窓口を1本化に!

 

社用車の台数を保有しているほど車両に関わる業務の負担軽減につながります。

 

 

 

プラスにもなる。経営合理化できる乗り方

レクサス

 

 

社長車を「リース」にした場合

 

減価償却不要で会計処理が簡単・純粋な経費の把握ができる

 

節税になるケースも

 

資金を温存でき計画的に活用できる

 

車両管理の業務削減

 

 

マイナスポイントになり得る項目をカバーし、逆に会社にとってプラスを創ることができるのがリースという乗り方です。

関連記事「法人リース4つのメリット」

 

 

レクサスをリースでおすすめする理由 まとめ

 

青いレクサスと富士山

 

 ✓ リースの利点を得られるのは、人気車種!

 ✓ 社用車は、リースにすると会社へのプラスも創れる!

 

車両の導入はコストがかかりますが、リースにすることで逆に会社のプラスを創り出すこともできます。

 

そしてレクサスのような価値が継続する人気車は、リースの利点を得ることができます。

 

経営合理化を考える経営者の方や個人企業主の方へ、

法人リースについて参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 お見積り ~ リースの流れ

 

① お見積り・お問合せをお問合せフォーム・電話・LINEからどうぞ

② お問合せ内容にご返信

③ ご契約の場合事前審査を行います

④ リース内容ご説明・お申込み手続き

⑤ 車両手配・納車 リーススタート

 

 

 

 リース終了時の流れ

 

再リース契約・車種入れ替え・ご返却 をお選びください。

お電話でお打合せさせていただき手配いたします。終了時の手続きも手間が少なく簡単です◎

 

 

 

リースのお見積もりはメール・LINEからもお気軽にどうぞ

お問い合わせはこちら

055-237-1815

営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    LINEでのお問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちら(LINE)

      下記ボタンをクリックし
      QRコードから読み取れます。

       LINE ID @941httil

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    PAGE TOP