山梨エリアのカーリース|株式会社ヤマニオートリース

法人リースのメリット①会計処理がシンプルになる


電卓で計算

 

山梨エリアの自動車リース ヤマニオートリースです。

 

以前の記事で法人リースの4つのメリットをご紹介しました。

法人リース4つのメリット

 

社有車を所有すると『減価償却』が必要になりますが、

リースでは不要になることをご存じですか?

 

 

減価償却が不要になるとなにがいいの?

黒い車

 

法人や個人事業主が車を購入すると固定資産となります。

固定資産は会計処理上、減価償却が必要になります。

 

減価償却とは車両価格を6年(新車の場合)かけて分割計上していきます。

つまり、購入費用を購入したその年に一括計上することができず、会計処理が複雑になるんです。

 

犬

300万の車を買うと、その年に300万の計上をすることができないんだね。

 

シンプル単純な処理 ⇒ リース

資料

 

購入金額を数年間に分けて計上すると、今年はいくら、来年はいくら、再来年は・・・

と処理が続く分、車に関わる純粋な数字が出せないわずらわしさがあります。

 

リースは毎月一定額を経費として計上するだけでよく会計処理が単純でシンプル。

毎月純粋な経費が出せ、収支を明確に把握できます。

 

青い車

リース料が毎月5万円なら、

各月5万円リース料として計上していけばいいからシンプルだね!

車を購入  → 固定資産 → 減価償却(数年間に費用を分けて計上する)

車をリース → 経費   → 毎月定額を計上する

 

 

車を購入すると車両代の他に、自動車税、保険料、車検整備代、メンテナンス費などもかかります。

購入時や納税時、保険更新時、車検時などはこれらを費目別に分けて会計処理をしますが、リースなら費目別に分ける必要もなく、

全てまとめてリース料として経費計上ができるところも単純で簡単です。

 

フリーランスの方で確定申告などを外部に委託せず自分で行う場合には、複雑な処理がなく助かりますよね。

 

会計処理が簡単になるということはその分、車に関わる経費がいくらかかっているか、

実際の金額を簡単に把握できるということにもつながります。

 

 法人リースのメリット②会計処理が簡単になるワケはまとめ 

 

リースは、減価償却が不要

 

会計処理がシンプル簡単になる。

減価償却があと何年・・・と考える必要がなく、車の経費がいくらかかっているか金額を把握できる。

 

 

お問い合わせはこちら

055-237-1815

営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    LINEでのお問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちら(LINE)

      下記ボタンをクリックし
      QRコードから読み取れます。

       LINE ID @941httil

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    PAGE TOP