山梨エリアのカーリース|株式会社ヤマニオートリース

リース支払い総額が変わる。残価清算アリとナシ


残価清算

 

 

山梨エリアのカーリース 中古車査定買取り ヤマニオートリースです。

 

車のサブスクなどで耳にすることが多くなった「残価清算」

 

文字通り、車の残価を清算するというものですが、カーリースを検討している方の中には、何にどう影響するかはよくわからない、という方も多いですよね。

 

「残価清算」は、月のリース料金と、最終的な支払い総額に影響します。

 

そのためリースを検討していたらまず考えておきたいのは、月額よりも「残価清算」の有無といってもいいぐらい、けっこう大切です。

 

「月額がいくらか」1番気になるところなので、まずは月額の比較をしますよね。

ですが、” 月額 × リース期間 = 支払い総額 “ とはならないのが残価清算アリの場合です。

 

なんで?と思ったら、この「残価清算のしくみ」を参考にしてみてください。

知らないよりも、カーリースしている生活、家計のイメージが深まります。

 

カーリースは、「残価清算あり」を採用しているリース会社、「残価清算なし」を採用しているリース会社がありますので、どちらが自分や家計に合っているか決めておくと、会社選びがしやすいですね。

 

 

 

まず、残価とは。

車数台

 

残価清算の前に、残価とは何か。

 

カーリース、サブスクは、車を一定期間賃貸することですね。

そのため、その一定期間分の車の料金を算出します。つまり、リース料金にはその車の車両価格の全額は入っていません。

 

例えば車両価格300万円、契約期間5年、5年後のその車の価格200万円とすると、

リース料金に含む車両価格は、

300万円-200万円=100万円となります。

 

この場合、残価は200万円で、リース終了時のその車の価格のことをいいます。

 

 

 

残価はどうやって決めるの?

ランドクルーザー

toyota.jp

じゃあその残価、どうやって決めているのかというと、中古車市場での相場の概算です。

 

車は使用年数の経過によって価値が下がっていきますよね。

人気モデルや、海外への輸出需要によっても数年後の価値が車によって変わってきます。

 

その背景をもとに、予定走行距離数なども加味し、概算を出しているわけです。

 

ちなみに数年後でも残価が高い車は、海外でもブランド価値の高いトヨタ車が多く、

その中でもやっぱりランドクルーザーは上位です。 さすがは世界に誇るSUV!

 

関連記事

人気車種ほどリース向きの理由

 

 

では、本題の残価清算とは。

ヤリス

 

本題の残価清算について説明します。

 

最初にリース料金を決めるときに設定したリース終了時の車の価格(残価)が、

実際のリース終了時、設定した残価より車の価格が安かったときに差額を清算すること。

 

リース期間が5年だとすると

リース開始時に設定した5年後の残価  >  5年経過した実際の車の価格
 

 

ここで疑問に思うのは、

なぜ設定した残価よりも、リース終了時の実際の価格が安くなってしまうのか。

 

それは、残価をあえて高く設定することで、

月々のリース料を抑えられるメリットがあるからです。

 

月々のリース料を抑えられるメリットはありますが、リース契約終了時に差額が発生した場合、契約時の金額に追加で支払いが必要になります。

リース会社の車の仕入れ額より、マイナスになってしまうからですね。

 

 

「残価清算あり」とは

 ■ 月々のリース料金を安くできる

 ■ 契約終了時に差額が発生したら追加支払いがある

 

 

 

残価清算なし、とは

 

残価清算をしない形態、とは

設定した残価とリース終了時の実際の価格の差額がないように残価の設定をします。

 

そのため、「残価清算あり」の場合よりも月々のリース料金を安くすることはできませんが、残価清算をする必要がないので、最終的に契約金額以上の支払いがない形態です。

 

「残価清算なし」とは

 ■ 月々のリース料金は、残価清算ありより高い傾向

 ■ 契約終了時、追加支払いなし

 

 

 

「残価清算あり」プランは、よく理解してから!がおすすめ

カローラクロス

toyota.jp

月々のリース料金の安さを重視するなら、残価清算ありのプランがおすすめです。

 

ただ注意点としては、契約終了時に差額の清算が必要になる場合があるので、最終的な支払い総額が、契約時点ではわからない場合があること。

最終的な支払総額がわかっても、最終月の支払い額がけっこう大きくなること。があげられます。

 

月額が安い方がいい」からと、あまり内容を理解していないまま契約をすると、後々トラブルになることが多いのも事実。

 

「残価を清算する」しくみをよく理解してから利用するのがポイントです!

 

一方、最初から支払い総額を把握しておきたいという場合には、追加支払いがない「残価清算なし」が安心して利用できますね。

 

 

ヤマニのカーリースは残価清算なし

富士山

 

弊社は基本的に残価清算をしておりません。

 

そのため、1か月のリース料金のお見積りが「残価清算あり」の会社に比べて高くなる傾向があります。

 

ご希望をうかがいお見積りしますので、はじめに提示した契約金額以上のお支払いはありません。(車両の破損などはご負担いただきます)

 

終了時の残価を気にせず利用でき、金額面が明確なので、その点は安心してご利用いただいております。

 

お客さまそれぞれご希望は違いますので、ご希望に沿うよう、任意保険や、車に関わる費用項目を、柔軟に調整させていただくスタイルです。

 

お問合せは、下記お問合せフォーム、LINEからもご依頼いただけますが、

その後のやりとりは、ご希望に合わせて調整をするため、お電話で直接お話させていただいております。

 

 

カーリースは、月額よりも重要な残価清算

 

リース特有の残価清算というシステムを解説しました。

 

支払い総額に影響してくるものなので、月額の比較をする前に、実はカーリースではまず考えるべき重要ポイントだと理解できれば大丈夫!

 

残価清算のアリとナシ。どちらにもメリットがあるので、どちらのメリットが自分に合うか、カーリースではまずこの比較をすることをおすすめします。

 

検討中の方へ参考になれば幸いです。ご不明点やお問合せはお気軽にどうぞ!

 

お問い合わせはこちら

055-237-1815

営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    フォームは分かる範囲でご入力ください

    お問い合わせ項目をご選択ください
    車種
    ご希望のお車について走行距離
    ご希望車種 "タオル・和装小物"をご選択の方は
    グレード ▼ 以下の項目へお進みください ▼
    ご希望リース期間トランスミッション
    ご希望予算(月)事故歴
    ご用途キズや内装汚れなど
    月のだいたいの走行距離加修箇所の有無
    今お乗りの車の下取の有無
    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    LINEでのお問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちら(LINE)

    下記ボタンをクリックし
    QRコードから読み取れます

       LINE ID @941httil

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    PAGE TOP