山梨エリアのカーリース|株式会社ヤマニオートリース

あの映画でブームに。日本産スポーツカーが熱い!


日本産スポーツカー

 

山梨エリアのカーリース 中古車販売査定買取り ヤマニオートリースです。

 

今アメリカでは日本の80年代から90年代のスポーツカーが人気です。

 

もともと日本車は人気がありましたが、さらに人気となったきっかけは2001年に第1作目が公開された映画「ワイルド・スピード」シリーズ。

 

ワイルドスピード

eiga.com

日本産の名車たちがたくさん登場する、車好きにも圧倒的な人気ですよね!

 

 

25年経過したら右ハンドル車の輸入解禁!

ランサーエボリューション

 

アメリカでは右ハンドル車の輸入が禁止されていますが、生産から25年経過した右ハンドル車は輸入が解禁される通称「25年ルール」があり、

 

25年経過した、インプレッサWRX、ランサーエボリューション、スカイラインGT‐R、アルテッサ、スープラなど

人気車がどんどん輸出され価格が高騰しています。

 

 

 

ワイルドスピードに登場する日本車

 

 

マツダ RX-7

マツダRX7

 

 

 

日産 シルビア

日産シルビア

 

 

三菱 ランサーエボリューション

ランサーエボリューション

 

 

日産 スカイラインGT-R

スカイラインGT-R

 

 

日産 フェアレディZ

フェアレディZ

 

 

マツダ RX-8

マツダRX-8

 

 

トヨタ新型スープラ

新型スープラ

 

 

日本産スポーツカーがアメリカで大人気!

黒のランサーエボリューション

 

アメリカには25年ルールの解禁を待ってでも右ハンドル日本産スポーツカーを手に入れたい熱狂的なファンがいるそうです。

 

同じ車種でも、アメリカで中古車となった左ハンドルの日本車よりも、

25年ルールで日本から輸入された右ハンドル車のほうが何倍も価値があり最高のステイタスなのだそう。

日本の名車がこんなに価値が上がっているとは驚きです!

 

映画の影響でここまで人気になりすごいですね、、まさに神のような扱い。

 

これから25年ルールで解禁になった名車たちもどんどん輸出され、

日本国内でも価格が高騰し手に入りづらくなるでしょう。

 

ファンにとっては誇らしくもあり複雑な心境ですね…

 

ちなみに『ワイルド・スピード』シリーズ待望の最新作は、

2021年8月公開予定だそうです!

お問い合わせはこちら

055-237-1815

営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    フォームは分かる範囲でご入力ください

    お問い合わせ項目をご選択ください
    車種
    リースの種類年式
    ご希望のお車について走行距離
    ご希望車種 "タオル・和装小物"をご選択の方は
    グレード ▼ 以下の項目へお進みください ▼
    ご希望リース期間トランスミッション
    ご希望予算(月)事故歴
    ご用途キズや内装汚れなど
    月のだいたいの走行距離加修箇所の有無
    今お乗りの車の下取の有無
    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    LINEでのお問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちら(LINE)

    下記ボタンをクリックし
    QRコードから読み取れます

       LINE ID @941httil

    コメントは受け付けていません。


    PAGE TOP