山梨エリアのカーリース|株式会社ヤマニオートリース

ヤマニの自動車リースご案内


車3台

 

 

山梨エリアのカーリース 中古車販売査定買取り  ヤマニオートリースです。

 

山梨で法人リース、マイカーリースをご検討中の方へ向けて、弊社のリースの特徴をご案内します。

 

 

ヤマニのリース 特徴

連雀問屋街

 

平成3年に甲府市中央に創業。

自動車リースを中心に中古車査定、買取り、販売、保険など、自動車に関わるトータルサポートを山梨エリアを中心に行っております。

 

弊社のリースプランの特徴は大きく下記の通りです。

 

・全メーカー全車種リース対応

・既定のリースプランなし

・追加清算なし

 

全メーカー全車種リース対応

アルファード

toyota.jp

新車リース、中古車リース、国産車リース、輸入車リース、商用車リース、エグゼクティブ高級車リース、トラック、トレーラー、クレーン他などの建設車両リース、

福祉車両リース、冷凍車リース、など、乗用車から特殊車両まで全車種リース対応しております。

 

 

既定のリースプランなし

高層階からの景色

 

ご予算、希望車種、期間などの希望をお伺いしリースプランをお作りします

 

リース料に含める費用項目は相談の上決めていきます。

リース期間の基本は年単位ですが、最短で3か月から対応いたします。

 

走行距離はお使いの頻度などを考慮の上、超過しない程度の距離ではじめに設定いたしますのでご安心ください。

 

リース料金には車そのものの価格と(残存価格は除く)税金、保険料、車検、メンテナンスなどの関係費用が含まれていますが、その関係費用を全て含めることも、予算に合わせて項目を選ぶことも可能です。

月々のリース料金に違いが出てくる部分になります。

 

任意保険は、現在ご加入の任意保険を継続使用が可能です。また、弊社でご加入いただく場合はリース料金に含めることが可能です。

 

今お乗りの車の査定、下取りも対応しております。

 

 

リース終了時、追加清算なし

富士山と河口湖

 

リース終了時に追加で料金が発生する場合がある形態をオープンエンド方式といい、

追加清算が発生しない形態をクローズドエンド方式といいます。

 

弊社では原則クローズドエンド方式を採用しておりますので、最終的に契約金額以上のお支払いはありません。(残価清算を行いません)

※車両の破損などはご負担いただきます

 

オープンエンド方式には、追加清算が発生する場合がある代わりに、

月々のリース料を抑えられるというメリットもあり、お客様のご希望によりオープンエンド方式にも対応いたします。

 

関連記事

リース終了時、追加清算が発生するのはどんなとき?

 

 

リースのながれ

スマホ画面

 

① お見積り・お問合せを、電話、下記お問合せフォーム、LINE、MOTAサイトから送信

『MOTA』からお問合せはこちら

② お電話またはメール・LINEでお問合せにご返信

③ リースプラン作成、お打合せ

④ ご契約の場合は事前審査を行います

⑤ お申込み手続き

⑥ 車手配・納車 リーススタート

 

〈リース期間終了時〉

再リース契約、車種入れ替え、ご返却をお選びいただきます。

(原則リースの途中解約はできませんのでご了承ください)

 

 

山梨エリアで自動車リースをご検討中の法人様、個人のお客様、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

055-237-1815

営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    フォームは分かる範囲でご入力ください

    お問い合わせ項目をご選択ください
    車種
    ご希望のお車について走行距離
    ご希望車種 "タオル・和装小物"をご選択の方は
    グレード ▼ 以下の項目へお進みください ▼
    ご希望リース期間トランスミッション
    ご希望予算(月)事故歴
    ご用途キズや内装汚れなど
    月のだいたいの走行距離加修箇所の有無
    今お乗りの車の下取の有無
    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    LINEでのお問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちら(LINE)

    下記ボタンをクリックし
    QRコードから読み取れます

       LINE ID @941httil

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    PAGE TOP