山梨エリアのカーリース|株式会社ヤマニオートリース

違い知ってる?2分でわかる!ハイブリッドとPHEV


ハイブリッドとPHEV

 

山梨エリアのカーリース 中古車販売査定買取り  ヤマニオートリースです。

 

先日プリウスPHVを法人リースでご利用いただきました。

 

エコカーの代名詞となったプリウス、その初代プリウスPHVから2017年にフルモデルチェンジした新型です。

 

初代プリウスPHVよりも電気だけで走行できる距離は2倍強の68.2㎞に、モーターだけの走行の最高速度は135㎞/hに引き上げられさらに進化。

 

もともと人気がありますが、より実用的な電気自動車になりさらに人気に!

リース車としてもよく選ばれる車です。

 

 

PHVってなに?ハイブリッドとの違いは

ハイブリッド車充電

 

PHV(PHEV)って何か知っていますか?

 

プラグインハイブリッドの略。外部から電源を差し込み充電できます。

充電プラグがあることで、車自体を電源としても使うことができます。

 

ではハイブリッド車はというと、

充電プラグがなく外部から充電することができません。

エンジンの回転によって発生する電気をエネルギーにして走行することができます。

 

PHV(PHEV)とハイブリッドの両方とも、電気とガソリンの両方が動力になります。

 

新型PHVはハイブリット車よりもバッテリー容量が大きく、電気だけで走行できる距離が伸びた分、

デイリーユースではガソリンを使わずに電気だけでカバーでき走れるので、

ガソリンを入れる頻度の減少で経済的になり、環境保護への貢献もできてさらに魅力的になりました。

 

 

PHV(PHEV)は電源になる。災害時にも使える車

避難場所標識

 

そして今回のPHVから家庭用コンセントからの充電も可能になったので、充電用の回線工事が不要で購入のハードルが下がりました。

 

さらに車に貯められた電気で電化製品に給電することができるので、

(満充電の場合は一般家庭の4日分ほどの電力を給電できるそう)災害時などは非常に安心ですよね。

 

山梨トヨタグループと各市町村が災害時にプラグインハイブリッド車などを貸出し避難所で活用する協定を結んでいます。

万が一の災害への備えも意識する必要がある時世を感じますね。

 

家計の経済性とエコへの意識、そして災害への備え、これらの要素はだんだんと車のスタンダードになりつつあります。

 

 

アウトランダー

www.mitsubishi-motors.co.jp

新車、中古車ともにリース対応させていただいております。法人リース、マイカーリースでプリウス他ハイブリッド車やPHV(PHEV)をご検討中でしたらお気軽にお問合せください。

 

リースお見積りは下記お問合せフォーム、LINEからもどうぞ。 

お見積りの詳細はこちら

 

お問い合わせはこちら

055-237-1815

営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    フォームは分かる範囲でご入力ください

    お問い合わせ項目をご選択ください

    車種

    ご希望のお車について走行距離

    ご希望車種

    "タオル・和装小物"をご選択の方は

    グレード

    ▼ 以下の項目へお進みください ▼

    ご希望リース期間トランスミッション

    ご希望予算(月)事故歴

    ご用途キズや内装汚れなど

    月のだいたいの走行距離加修箇所の有無

    今お乗りの車の下取の有無

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    ご住所


    お電話番号

    お問合せ内容

    個人情報の取り扱い

    個人情報保護方針に同意し、送信する

    LINEでのお問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちら(LINE)

    『友だち追加はこちら』ボタンをクリックし
    QRコードから読み取れます!

    ※お問合せのやりとり以外、後日こちらから広告など送信することはありませんのでご安心ください

       LINE ID @941httil

    コメントは受け付けていません。


    PAGE TOP